「最新芸能ニュース」の記事一覧

阿部乃みく、引退インタビュー! キカタン女優はミリオン専属でラストラン

超ユーティリティ女優・阿部乃みく、引退決意  2013年にデビューし、ユニークな芸名と怒涛のAV出演で話題を呼び、あっという間に人気女優の仲間入りを果たした阿部乃みく。2015年にアイドルユニット「マシュマロ3d+」のメンバーとして歌手活動も始めた彼女は、2017年にソロデビューするなどでアイドル的な人気も博した。  アダルト作品ではロリ系からハード系までこなす超ユーティリティ女優として大活躍。バイセクシャルを公言していることもあって、レズものでは類稀な才能を発揮した。  いわゆるキカタン女優(企画単体女優)として活動してきた彼女は、2021年1月末をもって引退することを発表。残り2カ月あまりということだが、この2カ月はかなり濃厚なものになりそうだ。ラスト2カ月、彼女はKMPと専属契約を結び、ミリオンガールとして有終の美を飾ることになったのだ!  ということで、ラストランを疾走する阿部乃みくを直撃! 初めてリリースする「専属女優」としての作品についてや、引退に向けての「想い」を聞いてきたのでじっくりと噛みしめてほしい。 【阿部乃みく】 生年月日:1993年10月18日 出身地:大分県 血液型:O型 サイズ:T155・B80・W60・H83(cm) 公式Twitter(@abenomiku) 阿部乃みくミリオン特設サイトはコチラ   阿部乃みく、引退インタビュー ――2021年の1月31日に引退ということで、衝撃を受けたファンも多いと思います。今回のインタビューはそんなファンの方にいろいろと思い出しながら読んでほしいので、まずはデビュー当時から振り返りたいと思います。デビュー当初のイメージは「ザーメンごっくん」系でしたよね。 阿部乃みく(以下、阿部乃):そのときの流行と合致していたのかな。もともと、ごっくんが好きだったので、いっぱい撮ってもらえました。当時は月に2回くらい、平気で20発、30発ありました(笑)。 ――チ〇チンから発射されたものを飲むだけでなくて、一風変わった飲み方もしてましたよね。 阿部乃:「溜め飲み」とかですね。 ――お盆とか洗面器とかに入れて…。いちばん発射回数が多かった撮影は? 阿部乃:108発です。 ――おっ! 煩悩の数、除夜の鐘だ(笑)。 阿部乃:最初は100発の予定だったんですけど、調子がよかった人が2回出して結局108発になったんです。 ――いまでもごっくんは好きですか? 阿部乃:好きです! 時代背景とかもあってだんだんできなくなったんですけど、最後まで「やりたい」ってお願いしていました。 ――時代背景っていうのはコロナのこともあるのかな? 阿部乃:コロナというより、人をいっぱい呼ぶのが難しい時代になったみたいです。 ――性病検査とかギャラの問題とか、いろいろ複雑になりましたからね。あと、いい意味で素人顔をしているから、素人系の作品にもたくさん出ていましたよね? 阿部乃:『2ちゃんねる』で「お前はもう阿部乃みくなんだから、素人ものに出るな」って書かれるくらい、最近まで素人作品に出させてもらいました。なんなら素人ものの方が売れるみたい(笑)。 ――最近も素人作品に出ているんですか? 阿部乃:けっこう最近まで出てました(笑)。友達にも「よく見たら、お前じゃん」って言われたり(笑)。 ――とにかく出演本数が多いですよね。2014年から2015年にかけての約2年半で300本以上も出ているようですから。 阿部乃:正直言うと、名前が出ていない作品やオムニバス作品もあるので、私自身も数は把握できていないんです。まあ、多かったことは自負しています。 ――当時の目まぐるしいスケジュールはどうでしたか? 阿部乃:体力はあったので、「マジ無理。休みたい」とかは全然なかったです。とにかく、いただいたお仕事に関しては責任を持ってやらなきゃっていう気持ちでしたね。言葉どおり「馬車馬」でした。 ――精神的にも大丈夫でしたか? 阿部乃:メンタルをやられたことがないんです。(他の女優さんは)なにかしら精神的に病んで休む期間があったりする子もいますけど、それはなかったんですよ。長く休んだのは、コロナの影響で休みになった今年の3カ月くらいです。 ――女優業のほか、2015年にはアイドルグループ「マシュマロ3d+」に加入するわけですが、加入当初はどんな想いを抱いていましたか? 阿部乃:当時、某プロダクションの社長さんから「やってください」って名指しでお願いされたんですけど、そんなキャラじゃないので「できません。無理です」ってお答えしたんです。  でも、事務所の方や一緒に加入した「しのみー(篠宮ゆり)」に後押ししてもらってやることを決意したんです。入ったら責任を持ってやらないといけないじゃないですか。だから、頑張ってやっていました。  ただ、加入してから3カ月くらいで要となるメンバーがいなくなって…。そのときは、「これからどうなっていくんだろう」って感じでした。  正直、AV女優ってAVだけやっておけばいいじゃないですか。でも、あのころは撮影現場で歌とか踊りの練習をしたりとか、とにかくいろんな負荷がかかっていましたね。それでも弱音を吐かずに、グループを盛り上げていこうと頑張った自分のことは本当に誉めてあげたいですね(笑)。 ――ずっと取材をしていたから分かります。言い方がおかしいかもしれないけど、あの頃のみくちゃんはマシュマロ3d+に殉じるんじゃないかと思っていたくらいです。 阿部乃:そうなったらレフカダ新宿(ライブをしていたホームグラウンド)に記念碑を立ててほしい(笑)。 ――みくちゃんを見ていると、ステージで倒れても歌っているロッカーのようでした。 阿部乃:気が付かないうちに体を壊していて、ライブを休んだりしたこともありました。それでも、マシュマロ3d+ではいろんな部分を鍛えられたのでよかったと思っています。 ――マシュマロ3d+への加入とともに、ご自身の知名度なども上がりましたか? 阿部乃:やっぱり幅が広がったように思います。アイドルとして知ってくれた人がAVを見てくれたり、AVを見てアイドルイベントに来てくれたり…。 ――セクシーアイドルグループとして理想的なパターンですね。 阿部乃:そうですね。マシュマロ3d+という名前を使って、自分を売り出すこともできました。反響もあったので、とにかくやるからには中途半端にするのはよくないなって思いました。 ――マシュマロ3d+はワンマンライブで300人も動員したんですから、すごい活躍だと思います。2017年あたりは阿部乃みくという存在がセクシーアイドルの中心という感じがしましたよ。 阿部乃:そんなことないです(笑)。ただ、当時は上原亜依ちゃんや湊莉久ちゃんを中心にキカタンの時代だったとは思います。企画単体女優っていう存在が確立されてきたというか。なんとなく話題になったので、その流れに乗れたっていうのはあるかな。 ――ちなみにそのころはどんなAVに出ていたの? 阿部乃:もう分からないんです(笑)。とにかくオールラウンダーで全ジャンルに出ていたので(笑)。 ――それは最近まで同じ? 阿部乃:そうですね。 ――引退の決めてというのは? 阿部乃:去年の6月に病気をして1カ月くらいお休みをいただいたんです。そのときに将来のことを考えて、幅広く活躍させてもらったからこそ、やり切ったなっていう思いが生まれました。続けようと思えば続けられるんですけど、ずっと(AV女優で)いる必要性があるわけじゃないかなって…。また違うところで頑張った方がいいんじゃなかなって思い、引退を決めたんです。実際に引退を考え始めたのは去年の夏とかですね。 ――それまでに「辞めたい」って思ったことは? 阿部乃:ないですね。辞めたいと思うほどイヤなことがなかったので、マイナスなことを考えたことがないです。だから「引退」っていうことも考えたことがなくて、それを考えた瞬間に突然踏み切った感じですね。 ――プライベートでも仲の良いかさいあみちゃんや佐倉絆ちゃんの引退の影響はないですか? 阿部乃:それはよく言われる(笑)。「周りがいなくなって寂しくなるから辞めるんでしょ」って(笑)。でも、全然関係ないです。そもそもふたりと仕事で絡むことってほとんどなかったから、本当に自分のタイミングだけで決めました。   阿部乃みくミリオン専属ラストラン ――引退がきっかけとなり、ラスト2カ月は「ミリオン専属女優」として作品をリリースすることになったわけですが、今の心境はいかがですか? 阿部乃:専属女優さんって、そもそも違う場所の人たちだと思っていたんです。 ――それはどういうイメージですか? 阿部乃:企画単体女優とは、まったくジャンルの違うお仕事、かな。だから、最初は戸惑いが強くて、「私で大丈夫かな?」っていろいろ考えました。光栄だってことはわかるんですけど、とにかく実感がなかったです。 ――12月11日には『阿部乃みく ミリオン専属 第1弾ドラマ 完全女性上位 執拗に男ヲ責めて悦ぶオンナ 痴女OLはオフィスにて男性上司を堕とし狂わす』が発売となります。これまでと撮影方法などに変わりはありました? 阿部乃:基本的な撮影方法は変わらないですけど、これまで(キカタン時代)は撮影前の打ち合わせってあんまりなかったんですよ。でも、専属女優は打ち合わせが綿密(笑)。1本撮るまでにこんなに打ち合わせをして、自分の意見を反映させてくれるんだってところに驚きました。いままでは「〇月〇日、△△メーカーの撮影です。××みたいな内容ですけど大丈夫ですか?」ってオファーされ、「はい、いけます」っていうだけでしたから(笑)。  今回の『執拗に男ヲ責めて悦ぶオンナ』は、しっかりした台本もあって、その中に私が打ち合わせで言った言葉がセリフとして入っていて感動しました。私という人間を理解した上で作品にしてくれているので、これまで出演してきた作品とはまったく違うものになっている気がします。 ――みくちゃんのパーソナルな部分を織り込んだ作品になっているのかな。 阿部乃:そうですね。例えば、「私はこういう人間が好き」、「こういうことが好き」ということがさりげなくセリフに反映されていたりします。もともと台本がかっちり決まっている方がやりやすくて好きなので、今回も撮り終わった後には「よっしゃ! やってやったぜ!!」っていう達成感がありました。 ――では見どころは? 阿部乃:え~? どこだろう? チャプター5の「リモートJOI」(※)かな。VRで培った技術が2Dで全て活かせた感じです。※JOI=Jerk Off Instruction(オナニー指示) ――どういう部分が活かせたんですか? 阿部乃:10分くらいのチャプターなんですけど、ずっと言葉責めをしていて「やってやったぜ。これ得意だわ」って、やりながら思いました(笑)。 ――ユーザーにいちばん観てほしいのは? 阿部乃:悩むなあ。いちばん最初のシーンも好きなんですけど、自分がしっちゃかめっちゃかになることはあまりないので、最後の4Pはクライマックスらしいお祭り感が出ていてぐちゃぐちゃになっているので見てほしいですね。 ――4Pは気持ちよかった? 阿部乃:そういう体験って普通はないじゃないですか。だから、AVならではの快感っていう感じで楽しめました。 ――あと、この作品は引退作への布石になっているようですが? 阿部乃:ストーリーが続くわけじゃないんですけど、この作品と引退作がリンクしているところがあるんです。こっちも引退作も観てくれたら、いろんな意味で倍楽しめると思います。 ――内容もキャラクターも繋がっていないんですか? 阿部乃:そうです。なにが繋がっているんでしょうねえ~(笑)。 ――では隅々まで楽しむしかないですね! 阿部乃:『執拗に男ヲ責めて悦ぶオンナ』を観てから引退作を観たら、「そういうことか!」、「そっち?」、「なるほど!」ってなりますよ。 ――引退作も気になります! では、そろそろ時間なので最後にファンの方に改めてメッセージをお願いします。 阿部乃:自分のなかでは「めっちゃ売れてやったぜ!」とかではないし、いつの間にか、たくさんの方に認知してもらったので、正直、気持ちは素人時代とあまり変わらないままです。仕事をしていたら、いつの間にか応援されていたというか…。本当に運がよかったと思います。  引退発表してここまで反響があるとは思っていなかったので、引退発表後に自分にこれだけの認知度があったんだっていう自覚がやっと生まれました。「女優人生、なんて自己評価が低かったんだろう」って、いまになって感じます(笑)。  改めまして…阿部乃みくをいろんな形で応援してくださったみなさん、7年半のAV女優人生に幕を閉じるんですが、作品はこれからも残り続けますので、ぜひ、これからも思い出したら阿部乃みくでヌイてもらえたら嬉しいです。画面の向こう側でいつでもお待ちしております。7年半応援してくださってありがとうございます! ――1月31日まではありますが、本当にお疲れ様でした! 阿部乃:ありがとうございました! (インタビュー・写真=神楽坂文人)

黒川さりな、性生活をエロ豊かにする「金のシリーズ」に超前のめり! 「プライベートでやっちゃっていいですか?」

今回紹介するのはアダルトグッズ利用の前後に、愛のワンプッシュ! 清潔なセクシャルライフをサポートする『金のエタノール除菌スプレー』、『金のエタノール除菌ジェル』、そして光輝く至高の高品質ローション『金のローション』だ。

『姪と暇つぶし』叔父の変態プレイにハメ潮を吹きながらイク姪っ子!【エロ漫画ちょい見せ】

 今回は、姪と叔父のある休日を描いた『姪と暇つぶし』を紹介。兄貴夫婦が多忙であった影響で、幼い頃から俺に懐いていた姪。些細なキッカケで姪と一線を超えてしまったが、お互い恋愛感情はなく、ただヤりたくてセックスをしている。この日もただ暇つぶすかのようにセックスをはじめる――。

Hカップ女社長コスプレイヤー・小町、ガチでエロすぎる“ほぼ裸”ショット

 オトナの魅力とHカップ爆乳で人気のコスプレイヤー・小町ねねが、ネットギリギリの超セクシー衣装グラマラスボディを大解放。ガチでエロすぎる姿にファンが沸き立ち、興奮と称賛の声が続出している。

おっぱいスケスケレントゲンに男女混合全裸健診! エロすぎる身体検査AV特集

MGSニュース×メンズサイゾー ※本記事は、素人モノの宝庫にしてビジュアルレベルがハンパないアダルト動画配信サービス『MGS』の情報を日々発信する【MGSニュース】様より提供されています。 ※ ※ ※ シロウトモノAVといえばMGS! ということで、そんなMGSの作品をご紹介いたします! ※ジャケット画像をクリックするとMGSの商品ページに飛びます。 ※ ※ ※ どうもアマれる君です。年に1回、健康診断ってありますよね。今年は例のウイルスの件で、この時期にやってる人が多いらしい。僕も来月するんですけど、めっちゃ嫌なんですよねー。 何が嫌って採血が嫌なんですよ。注射が怖いです。ガキかよ!って思うかもしれないでしょうけど、怖いんで仕方ないです(笑)なんで医学はこんなに進化してるのに注射は変わらないんですかね。未だに針ぶっ刺してるんですよ。針の先を球体とかにして欲しいんですけどね(笑) ってことで今回は身体検査を題材にしたAVを紹介します。 巨乳OL限定!おっぱいスケスケ媚薬レントゲン検査 (ロケット) 本編動画を観る おっぱいを透明の板に張り付けるって画ヅラ、一時からAVで増えましたよね。誰が考えたんですかね。天才だと思いますよ。 だって、これは第三者の目線からしか生まれない発想ですからね。SEXをしてる当事者が興奮してるってゆう演出はよくあります。ただ、そのSEXを見てる第三者が興奮するって要素がAVには必要不可欠ですよ。 おっぱいを壁に張り付ける画はSEXしてる側には見えない。だから、お客目線で考えなければ、絶対に思いつかない。これぞアダルトエンタテインメント。 今作はレントゲンで検査ってことでを機械にオッパイを当てます。しかし、この機械はマジックミラーになっていて逆側から丸見え。恥ずかしエロい姿に。何枚とんねん!ってくらいレントゲンを撮ってます。めちゃめちゃ藪医者ですね(笑) 上手く撮影できないってことで、ヌルヌルのジェルをオッパイに塗ることに。これがなんと媚薬。とんでもない変態ドクターです。「これを塗ると、映りもよくなって、血流もよくなります」と謎の言い訳。検査中なんだから健康状態変化させるものを与えちゃダメでしょ(笑) 終いには「下半身の画像も撮りたい」と要求。医者に指示されると言う通りにしちゃうんですね。媚薬のせいでムラムラしてきてしまった、OL達は変態ドクターのボディタッチに喘ぎ声がポロリ。 最終的には手マンでイカされ、検査状態のままバックで挿入。 本編動画を観る 羞恥!男女混合全裸精密検査 同僚が見ている前で体の穴という穴と乳房をじっくりと調べられる女子社員 河北はるな 雛森みこ 小谷みのり 高城アミナ (サディスティックヴィレッジ) 本編動画を観る 会社の健康診断を男女混合で行うという、イカレ企業。パワハラ、セクハラ、過度なコストカット、あらゆるコンプラNGを無視しています。小学生ですら、男女別でやるんですけどね(笑) 検査内容もなかなかエグイ。心電図ってパンツ一丁でやるんでしたっけ?直腸検査ってお股大開脚でやるんでしたっけ?常時、恥ずかしい格好になってます。男性社員も性欲に負けてガン見ですね。今後、仕事しづらい(笑) 最後はドクターが1人ずつ呼び出し、結果報告。当日に結果が出るんですね。仕事が早いです(笑) 本編動画を観る

葛飾区の風俗:ソープランドとピンサロと星の数ほどの飲み屋【風俗23区】

いま、東京23区にはどんな風俗があるのか…。今回は葛飾区を探索! 「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又。帝釈天で産湯をつかい…」  50歳以上の読者なら、このセリフでどんなドラマなのか、すぐにピンとくるはずだ。そう、今回は映画『男はつらいよ』でお馴染みの、葛飾区の風俗を探ることにする。    寅さん映画でお馴染みのように、葛飾区は江戸川と荒川に挟まれた東京の最北西部にある街。北を埼玉県、東を千葉県に隣接し、南は江戸川区に囲まれた下町だ。最近は、自動車の葛飾ナンバーなんてのができ、足立ナンバーから脱却できて、ニヤニヤしている葛飾区民もいるに違いない(笑)。  そんな葛飾区の歓楽街は、金町、亀有、新小岩あたりが主要。まずは北にある金町から見て行こう。  金町は、京成電鉄とJR常磐線が乗り入れる住宅街。駅は小さく、昔ながらの飲屋街は残っているが、あまりハデな街ではないので、風俗も期待できそうもない。が、調べてみるとピンサロ1軒とソープランドが1軒みつかった!  そこでハッと思ったが、実はこのソープ、筆者も10年以上前に一度遊びに行ったことがあったが、すっかり忘れていた。当時の印象では、部屋は狭くマットもないが、女の子は20代とまずまずの若さ。吉原まで行くのがめんどくさい金町男子が、地元で遊ぶには便利な店という感じだ。  現況を調べてみると、料金は総額70分2万8000円で指名料なし。女のコは当時同様に20代が多い。吉原の若い子がいる人気店が80分2万6000円前後ということを考えると、飲んでヌイて歩いて帰れるなら利用価値は高いだろう。  金町から常磐線でガタゴト揺られて隣の亀有へ。柴又が寅さんなら、亀有は両さんの街だ。40年間連載が続いた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、ギネス記録を打ち立てつつも、残念ながら連載終了してしまったが、両さん人気は今も変わらない。駅前はもちろん、神社の境内まで街のいたるところに両さんの銅像が建ち、ちびっ子からお年寄りにまで愛されている。  もうひとつ、亀有で有名なのはラーメン屋、と思っていたら、なんと、ソープが2軒もあるらしい。ピンサロがあるのは知っていたが、ソープがあるなんて知らなかった。  駅北口を線路の高架に沿って西に歩いて行くと、路地の角に『◯海老』が。そのまま高架を潜った先には『プレイ◯ール』というソープがある。なんでこんなところにソープが2軒もあるのかは謎だが、おそらく1980年代に開業した店が需要があってそのまま残っているのだろう。  原稿執筆時点で『◯海老』は、諸般の事情でHPは準備中になっていたが、口コミでは総額50分1万6500円で女の子も若く、なかなか楽しめるようだ。一方、『P』の方は60分1万6800円、指名料1000円。女の子の年齢の表記はないが、写真を見る限りでは20代の女の子もいるようで場末感は感じられない。  まったく、未だにソープが3軒も残ってる下町ってどんなだよと思いつつ北口に戻り、有名なつけ麺屋の裏側に回ってみると、そこにはフィリピンパブやスナックが並び、ちょっとしたゴールデン街風の路地があった。そして、その先には真新しいピンサロが! 並びには閉店したピンサロもあるが、そこは20年前に取材に来たことあがある店だった…。  ソープにピンサロ…、てことは、葛飾区はなかなか楽しめそうな街ではありそうだ。続いて新小岩に行こうかと思ったが、せっかく北側に来たので、ついでに飲屋街として有名な京成立石をぶらりしてみることにした。  居酒屋で有名な立石仲見世商店街を歩くと、シャッターが閉まっている店は多いが、夕方なのに開いてる居酒屋は客でいっぱい。さすが、のんべの街である。ちなみに、立石の街は飲み屋以外にはソープもピンサロもなく、健全な街だった。残念…。  立石から電車、バス、電車と乗り継いで新小岩へ。筆者が学生時代の数十年前、電車で新小岩駅を通りかかると、駅の向こう側に当時のトルコ風呂の看板が見えたが、そこはどうなっているのか?  ま、当然というか残念ながら、トルコもソープもなくなり、新小岩駅北口は綺麗に整備されて小さな飲食街、商店街となっていた。  続いて新小岩駅南口へ。新小岩は4年程前には『出没!アド街ック天国』でも紹介された、安居酒屋や立ち飲み屋が並ぶ街で、人気の店は早くいかないと入れないほど。そんな居酒屋の多くが南口に集まっている。  駅前ロータリーの向こう側には400メートル以上あるルミエール商店街のアーケードが見える。そのアーケードを抜けたあたりが、昭和の時代には赤線街だった街が残っている。  新小岩駅周辺は、葛飾区と江戸川区が入り組んでいて、この旧赤線路地は江戸川区だが、新小岩駅周辺ということで葛飾区に分類させていただく。  アーケードが切れてすぐの路地を右に入ると、細い路地にスナックが点々と続いていて、未だに妖しい雰囲気が残っているところがその路地。しかし、徐々に古いスナックは解体されて新しい建物に入れ替わり、時代の変化を感ぜずにはいられない。  この路地はドラマ撮影などにも使われ、最近では高畑充希や新田真剣佑が出演した『同期のサクラ』で、新宿ゴールデン街にある行きつけの喫茶店という設定で使用された喫茶店がある。夜になると居酒屋からもカラオケが聴こえてくる情緒ある路地だ。    そして、新小岩で最も妖しい場所が、駅から駅前ロータリーの先を右に行ったあたり。筆者も度々取材に来た一軒の風俗ビルがある。昔は本番エステやピンサロが入っていたが、今は概ね健全ではあるが、その実は入ってみないとわからない(笑)。  そしてもう一箇所、駅を出てすぐ右手にある大きな飲食ビルの裏手にある細い路地。ここにも数年前には本サロがあり、今でも看板のない店に誘ってくる客引きが現れる。果たしてその先にはどんなことが待っているのか? 新小岩にはピンサロが4軒と、区内では亀有に次ぐ風俗タウンであり飲み屋街である。遊ぶときはぜひ飲む前にヌクことをオススメする。 【葛飾区で遊べる風俗データ】 ソープランド 3軒 ピンサロ   7軒 デリヘル  約55軒 メンズエステ 2軒 ラブホテル  8軒 (取材・文=松本雷太)

プライベートセックス経験が“超豊富すぎる”黒川さりな、史上最強のKカップリアルボディに「男性器が欲しい!」

今回、取り上げるのは金髪お嬢様の「たゆんたゆんおっぱい」&「極上の名器」に五感が揺さぶられる『リアルボディ+3Dボーンシステム 超ぱい北大路かのん』だ。絶妙なバランスで装備された超重量のKカップおっぱいは、一度タッチすればやみつきになること間違いなし。膣とアナルも完備された、上でも下でも楽しめる最強アイテムだ。

全裸満載エロ動画満載! 美形ホテヘル嬢は超潮吹き娘で筋トレ腹筋女子【風俗嬢のTwitter】

SNSの露出度がハンパないホテヘル嬢・明日香ゆずな  出し惜しみしないな~! こんなに見せちゃったら、自宅でオナって店に来なくなっちゃうんじゃない?  そう心配してしまうくらい、全裸満載、エロ動画連載のTwitterを発

地上波では絶対に観られない令和最大の問題作『ケンドーコバヤシの絶対に観ないほうがいいテレビ!』配信開始!

コンプラガン無視の超過激ドキュメンタリー 『ネットで噂のヤバいニュース超真相』がパワーアップ!! ケンドーコバヤシがお送りする “地上波では絶対に観られない”令和最大の【問題作】爆誕!! 『ほんトカナ!? ケンドーコバヤ

“彼女にちょうどいいDカップ”アイドル・めぐみうい、妙にエロい動きを連発!! スレンダーボディで限界誘惑

「グラビアやってるえっちなお姉さんは彼女にするならちょうどいいDカップ」がキャッチコピーのめぐみういちゃんがエロティック100%に!? 表現力が天才的であり、かつ自らエロティシズムを常に開発しているういちゃんのエロい動きに注目!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ