「連載」の記事一覧

葛飾区の風俗:ソープランドとピンサロと星の数ほどの飲み屋【風俗23区】

いま、東京23区にはどんな風俗があるのか…。今回は葛飾区を探索! 「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又。帝釈天で産湯をつかい…」  50歳以上の読者なら、このセリフでどんなドラマなのか、すぐにピンとくるはずだ。そう、今回は映画『男はつらいよ』でお馴染みの、葛飾区の風俗を探ることにする。    寅さん映画でお馴染みのように、葛飾区は江戸川と荒川に挟まれた東京の最北西部にある街。北を埼玉県、東を千葉県に隣接し、南は江戸川区に囲まれた下町だ。最近は、自動車の葛飾ナンバーなんてのができ、足立ナンバーから脱却できて、ニヤニヤしている葛飾区民もいるに違いない(笑)。  そんな葛飾区の歓楽街は、金町、亀有、新小岩あたりが主要。まずは北にある金町から見て行こう。  金町は、京成電鉄とJR常磐線が乗り入れる住宅街。駅は小さく、昔ながらの飲屋街は残っているが、あまりハデな街ではないので、風俗も期待できそうもない。が、調べてみるとピンサロ1軒とソープランドが1軒みつかった!  そこでハッと思ったが、実はこのソープ、筆者も10年以上前に一度遊びに行ったことがあったが、すっかり忘れていた。当時の印象では、部屋は狭くマットもないが、女の子は20代とまずまずの若さ。吉原まで行くのがめんどくさい金町男子が、地元で遊ぶには便利な店という感じだ。  現況を調べてみると、料金は総額70分2万8000円で指名料なし。女のコは当時同様に20代が多い。吉原の若い子がいる人気店が80分2万6000円前後ということを考えると、飲んでヌイて歩いて帰れるなら利用価値は高いだろう。  金町から常磐線でガタゴト揺られて隣の亀有へ。柴又が寅さんなら、亀有は両さんの街だ。40年間連載が続いた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、ギネス記録を打ち立てつつも、残念ながら連載終了してしまったが、両さん人気は今も変わらない。駅前はもちろん、神社の境内まで街のいたるところに両さんの銅像が建ち、ちびっ子からお年寄りにまで愛されている。  もうひとつ、亀有で有名なのはラーメン屋、と思っていたら、なんと、ソープが2軒もあるらしい。ピンサロがあるのは知っていたが、ソープがあるなんて知らなかった。  駅北口を線路の高架に沿って西に歩いて行くと、路地の角に『◯海老』が。そのまま高架を潜った先には『プレイ◯ール』というソープがある。なんでこんなところにソープが2軒もあるのかは謎だが、おそらく1980年代に開業した店が需要があってそのまま残っているのだろう。  原稿執筆時点で『◯海老』は、諸般の事情でHPは準備中になっていたが、口コミでは総額50分1万6500円で女の子も若く、なかなか楽しめるようだ。一方、『P』の方は60分1万6800円、指名料1000円。女の子の年齢の表記はないが、写真を見る限りでは20代の女の子もいるようで場末感は感じられない。  まったく、未だにソープが3軒も残ってる下町ってどんなだよと思いつつ北口に戻り、有名なつけ麺屋の裏側に回ってみると、そこにはフィリピンパブやスナックが並び、ちょっとしたゴールデン街風の路地があった。そして、その先には真新しいピンサロが! 並びには閉店したピンサロもあるが、そこは20年前に取材に来たことあがある店だった…。  ソープにピンサロ…、てことは、葛飾区はなかなか楽しめそうな街ではありそうだ。続いて新小岩に行こうかと思ったが、せっかく北側に来たので、ついでに飲屋街として有名な京成立石をぶらりしてみることにした。  居酒屋で有名な立石仲見世商店街を歩くと、シャッターが閉まっている店は多いが、夕方なのに開いてる居酒屋は客でいっぱい。さすが、のんべの街である。ちなみに、立石の街は飲み屋以外にはソープもピンサロもなく、健全な街だった。残念…。  立石から電車、バス、電車と乗り継いで新小岩へ。筆者が学生時代の数十年前、電車で新小岩駅を通りかかると、駅の向こう側に当時のトルコ風呂の看板が見えたが、そこはどうなっているのか?  ま、当然というか残念ながら、トルコもソープもなくなり、新小岩駅北口は綺麗に整備されて小さな飲食街、商店街となっていた。  続いて新小岩駅南口へ。新小岩は4年程前には『出没!アド街ック天国』でも紹介された、安居酒屋や立ち飲み屋が並ぶ街で、人気の店は早くいかないと入れないほど。そんな居酒屋の多くが南口に集まっている。  駅前ロータリーの向こう側には400メートル以上あるルミエール商店街のアーケードが見える。そのアーケードを抜けたあたりが、昭和の時代には赤線街だった街が残っている。  新小岩駅周辺は、葛飾区と江戸川区が入り組んでいて、この旧赤線路地は江戸川区だが、新小岩駅周辺ということで葛飾区に分類させていただく。  アーケードが切れてすぐの路地を右に入ると、細い路地にスナックが点々と続いていて、未だに妖しい雰囲気が残っているところがその路地。しかし、徐々に古いスナックは解体されて新しい建物に入れ替わり、時代の変化を感ぜずにはいられない。  この路地はドラマ撮影などにも使われ、最近では高畑充希や新田真剣佑が出演した『同期のサクラ』で、新宿ゴールデン街にある行きつけの喫茶店という設定で使用された喫茶店がある。夜になると居酒屋からもカラオケが聴こえてくる情緒ある路地だ。    そして、新小岩で最も妖しい場所が、駅から駅前ロータリーの先を右に行ったあたり。筆者も度々取材に来た一軒の風俗ビルがある。昔は本番エステやピンサロが入っていたが、今は概ね健全ではあるが、その実は入ってみないとわからない(笑)。  そしてもう一箇所、駅を出てすぐ右手にある大きな飲食ビルの裏手にある細い路地。ここにも数年前には本サロがあり、今でも看板のない店に誘ってくる客引きが現れる。果たしてその先にはどんなことが待っているのか? 新小岩にはピンサロが4軒と、区内では亀有に次ぐ風俗タウンであり飲み屋街である。遊ぶときはぜひ飲む前にヌクことをオススメする。 【葛飾区で遊べる風俗データ】 ソープランド 3軒 ピンサロ   7軒 デリヘル  約55軒 メンズエステ 2軒 ラブホテル  8軒 (取材・文=松本雷太)

パート先の店内でフェラ抜き…時給アップ交渉で枕営業したヤリ手主婦 ~ブッ飛び素人モデルFile~

 大手コンビニさんが成人向け雑誌、いわゆるエロ本の取り扱いを取りやめたのが2019年の8月。それ以来、エロ系ライターとしての仕事は減る一方で、とはいえ就職活動して採用してもらえる年齢でもないし、ああ、なんかバイトしないとヤバいかもなー、なんて考えている今日この頃。

風俗栄枯盛衰:繁栄と衰退を繰り返す歴史 ~ニッポンの風俗史#15~

 11月初め、大阪・枚方にある風俗ビルが摘発を受け、ピンクサロンの経営者をはじめ、ビルオーナーらが送検された。

新宿の老舗ソープで早朝の濃密マットプレイで大昇天【俺のフーゾク放浪記 第77弾】

 季節が過ぎるのは早いもので、秋ももうすぐ終わりそうです。肌寒くなる前に、フーゾクで体を温めましょう。今回は、新宿のソープの魅力をご紹介します。

美咲かんなエッセイ:ふしだらな気持ち「難しい女」

本棚が欲しい。そう思い始めてから既に1年近く経っている。数年前までは扉付きの棚に収納していたのだが、あまり大きい棚ではなかったのであっという間に満杯になり、結局段ボールや蓋つきの箱に入れることが多くなってしまった。それからずっと本棚は構えていない。

加美杏奈グラビア連載:Anna 12colors / November , Brown

Anna12colors / November , BROWN  アイデアポケット専属の加美杏奈ちゃんが、毎月ひとつの「カラー」をテーマにグラビアを展開中。秋も深まってきた11月はブラウンを背景にホットな姿を見せてくれた

初緊縛に”縄酔い”してチ〇ポをねだる淫乱OL ~ブッ飛び素人モデルFile~

 先日、以前に週1のペースで通っていたハプバーのマスターから久々に連絡があったんです。「あ、マスター、お久しぶりです。体の調子はどうですか?」マスターが体調を崩し、泣く泣く店を閉店してから3年が経つのは置いといて。「体の調子はまあまあってとこかな。ところで、川田さんって、縛れる人だっけ?」縛れる人、とはモチロン、女性を縄、もしくはロープで縛る緊縛プレイができる人かどうかということ。

【女と男の隔たり】セックスの始まりと終わり:前編

 久しぶりに見た観覧車は、昔見たときよりも優しい印象を抱いた。初めてお台場の観覧車を見たのは中学生の時だった。周りにたくさんの大人のカップルがいて、僕は人混みに埋れているような感覚だった。

大阪・梅田のM性感で美人お姉様の痴女プレイ【俺のフーゾク放浪記 第75弾】

 秋もだいぶ深まってきました。食欲をたっぷり満たしたら、性欲を満たしにフーゾクに足を運びましょう。今回は、大阪・梅田のM性感の魅力をご紹介します。

【勃活グルメ】小さくても効果てきめん! 居酒屋に降臨した勃活の女神:にんにく

医食同源、食こそ生命の源なり――。精力みなぎるグルメをご紹介!   【ホクホク&ガリッの二つの顔を持つ人気者】    時間に押し流される都会の夜。 「はぁ~、疲れた…。今日の晩飯は、居酒屋でホッピー飲みながら焼き鳥と煮込みでいっか~…」    サラリーマンなら、会社帰りにそんな寄り道があるのも当然。ましてや独身なら、週五日居酒屋メシなんてこともありうる。今や居酒屋は、ただ酒を酌む場所にあらず。うまい肴とうまいメシで明日の英気を養う場だ。と同時に、勃活ができれば明日もまた来る甲斐があるというものだ。  それはオシャンな居酒屋でなく、庶民的な大衆居酒屋も同じ。晩秋の週末出かけたのも、千葉の某駅近くにあるそんな安居酒屋だった。  泥酔するにままだ早い日暮れ前の時刻、狭い店の9割を占めるコの字型カウンターは、すでに8割ほどの客で埋まっている。客層は、若者カップルからお一人様のオヤジまで、休日を楽しむカジュアルファッションの客やら、仕事を終えて帰宅途中らしきサラリーマン風など様々だ。店内には、ホール係の歯切れのいい兄さんの声が響いている。  目が醒めるような鮮やかな赤い紅生姜のかき揚げをチビチビとつまみながら、楽しみに待つのは勃活グルメの定番アイテム、そう「ニンニク」だ。  かといって、餃子ではなくニラレバ炒めは前々回登場した。今回の勃活グルメはこれだ!  ニンニクはニンニクでも、食材のひとつとか調味料ではなく、見たまんま食材そのもの。ニンニクの丸揚げだ。   「えー、ニンニク丸ごとって臭いんじゃないの!?」    そう思われるだろうが、もちろん臭い。ニンニクを切ったりすりおろしたりして粒に傷をつけると、独特の強い臭いを出す。が、この臭いと風味こそがニンニクの旨味であり、勃活にも効果がある。  臭いの元は「アリシン」と呼ばれる物質で、アリシンがビタミンBと結合することで糖の代謝を促し、エネルギーに変換する。また、食物繊維は便通だけじゃなく、ダイエットにも効果的なのだ。  そんなことを頭の隅に置いて、揚げたてのニンニクが冷めないうちに、粒を覆っている薄皮を剥ぎ、その一粒をつまんでそのまま口に入れてみる。 「ほほ~、そんなに臭くない。そしてうまい!」    そう、揚げたニンニクはホクホクしていて、まるで別の食材のよう。丸揚げで傷をつけていないので、臭いもそれほどしない。素材の味そのものがいいので、何もつけなくてもうまいのだ。  でも、小皿にはせっかく味噌が乗っかっているので、次はそれを少し乗せて…。 「う~ん、少ししょっぱいけど、酒飲みにはいい塩加減かもしれん」    残念ながら当日筆者はノンアルだったので、しらふの舌には味噌味は少し濃かったのかもしれない。   「こうなったらニンニク料理で攻めてやっか」    ニンニクの意外なうまさを発見し、次に注文したのはニンニクの酢漬け。丸揚げとは違うシャキッとした食感が味わいたかったのだ。そして、アッという間に目の前に出て来たのは、薄ピンクに染まった裸のニンニクの粒。おちょこに入った姿はネコの肉球のようじゃないか(笑)。  ピンク色ということは、梅酢とシソってことか。そのまま箸でつまみあげると、これまたカワイイ。それを口に運んで…。 ガリッ!!    ガーリックだけに「ガリッ」って、ダジャレか(笑)? 予想していた食感より硬くてかみごたえ満点。丸揚げとこうまで違うのか。  歯ごたえに続いて、梅の酸味とシソの香りがスッパ美味しい。そして、気になる臭いも、お酢とシソの強力な消臭効果のせいか、ほとんど気にならない。他人様はどう感じているのかは謎だが…。  料理の調味料としてだけでなく、酒の肴となり、夜の元気の源となるニンニクは、男性にとっては居酒屋に降臨した救世主。焼き鳥やからあげもいいが、ちょっとしたツマミの選び方で、明日の朝勃ち具合も変わってくる。  疲労快復や美肌にも効果のあるニンニクで、今夜もお疲れ様の一杯…。   ニンニクの勃活成分:  ニンニクは、血圧降下やコレステロール低下、抗がん作用などの機能性食品である。また、ニンニクに含まれるアリシンは、抗酸化作用によって血液循環を促進し、体内組織を活性化、免疫力を高める。日頃から常食すると、ホルモンの活性化を促し性的欲望を呼び覚ます効果がある。

サブコンテンツ

このページの先頭へ